涼風町にようこそWellComeToSUZUKAZE!

関西地方山陽道にある海に面した風光明媚な人工3万人ほどの小都市涼風町。その町にあの女が帰ってきた。旧涼風第二中学(人口減による統合により現在は、涼風総合中・高等学校)での傍若無人ぶりは、今でも語りぐさになっており。高校を卒業して都会に出ていってからは、とんと噂を聞くことがなかった。あの女。美人だが・・それだけに非常に残念なあの女が帰ってくる。せまりくる町長選挙のために・・。女の帰還にかつての取り巻きたちがぞくぞく集まってくる。町に残ったかつての同志達。忘れていた情熱に再び火が灯る。彼女の登場にすでに立候補した前副町長。前町長も支援に周り初当選した新町長の辣腕をみよ。田舎町からはじまる。大改革!。 町長は、唇をつり上げ目論見を語る。「町長特命戦隊結成よ!」。平和に見えるこの町にも悪は、ある。町を挙げたごっこ遊びの開幕だ。

涼風町
町長新宮みちよ突拍子のないアイデアとナイタリティで子供の頃から問題児で有名。都会の大学を卒業しなにをしているのかわからなかったが 先日町長選挙のために突如舞い戻り圧倒的な得票率で当選
議会 新宮党みちよが都会からつれてきた人間と従来からの住人は、すべてみちよの取り巻きになっている挙党態勢である
役員田舎町なのでのどかで暇そうjな職員達。これと言った「仕事がないので普段は、町も子供達とドッジボールなどをして遊んでいる。 役員の中には、子供に好かれるタイプが多い。平均年齢33。長老と呼ばれる人間が一人((みちよの祖父)
町の概略 兵庫県は、播州の姫路と岡山の間くらいにある架空の町。人工は、約20000人で中学校1、小学校2。鉄道は、分岐したローカル線の終着駅が一つある。町の中央を川が流れ海に注いでいる。海浜公園は、夏場は、花火大会でそこそこ盛り上がる。これくらいしか盛り上がる要素がないのです

2
登場人物紹介
新宮みちよ(しんぐうみちよ)29歳/女/町長
中学・高校時代に天才少女であり問題児として有名だった、人を惹きつける不思議な魅力があり彼女が都会から戻ってくると知ると 昔の仲間が続々帰ってくるなど祭りのように盛り上がりすでに立候補した町長候補も全員取り下げて彼女の応援に回り新人候補無投票当選を決める。
伊織トモタカ(いおりともたか)29歳/男
町長の秘書で幼馴染み。町長と同じ大学に行き同じ会社に勤務して今回の町長選挙にもどってこさされた。大学は、二浪一留。
沖楽美佐(おきらくみさ)24歳/女
伊織の大学時代の後輩でジャーナリスト。頭にキャスケットを乗せている好奇心旺盛なショートカットで健康的な美女。いつも手帳とペンをもっており 癖では、ないが「ジャーナリストっぽい」という理由でペン先をなめる。もちろん羽根ペンとインク壺は、常備です伊織のことは、先輩と呼ぶ。「びしっ沖楽さんに任せるのですよ!」
三野瀬ユキ12歳/女
肩まで髪で背中にリュックをしょった暗殺者の少女。ロシアで生まれ育ったたロシア語と両親の話していた日本語を解せるが日本語の読解には、かなり難がある。 両親は、任務失敗で返り討ちにされ少女が跡を継いだ。最初の任務の町長の護衛のために入国。初めて見る両親の母国に興味津々でガイドブック片手に町を歩きたい気持ちと護衛任務との 板挟みに悩んでいる
怪良木このみ(けらぎこのみ)
涼風町を根城にする暴力団の女組長。5年前に構想で父と母を同時に失い。以後父の妾と妾腹の弟妹を呼び寄せて世話をしている。義母は、初老にさしかかってるうえ事故が原因で盲目。その義母には、25歳の息子と16歳の息子と17歳の娘がいる。
宇堂龍一31歳/男/会社役員
みちよの一番の支援者にしてファン1号。高校2年の時、生徒会長をつとめ受験に訪れたみちよの言葉の刃に切り刻まれ以来熱烈なファンになる。1年でも長くいたいという思いから試験をすべて白紙で提出し1年留年した。その留年した1年は、人生でもとも充実した時間だったと述懐する。卒業後は、1流の大学に入り学生ベンチャーからメディア会社を立てる。大柄で思い込みが激しくて泣き上戸。妹を溺愛しており、妹の結婚式に仕事中だった彼は、商談先のヘリを借りて式場に乗り込んだ武勇伝を発揮し「涼風のメロス」の称号を受ける。義弟も妹同様に溺愛している。「あいつが選んだ男が悪いやつじゃなかろう」

題目内容公開
涼風町へようこそ
1新町長誕生 風光明媚な田舎町にあの女が帰ってきた。高校を卒業後上京していた涼風町の爆弾娘がこのたび前市長の汚職辞任に基づく市長選挙のためにもどってきた。もとよりお祭り好きで人を惹きつける魅力があった彼女。何かをしてくれるのであろうという期待とともに彼女の立候補が判明するや対立候補は、立候補をとりやめ議会は、全て彼女の元に収束された。新市長新宮みちよは、オリエンテーションの宝探しを企画する。「お祭りは、楽しく。」宝と提供してもらうために企業巡りをしている東京の企業による買収の話しに直面する。東京の部下に裏を取ってもらい宝探しに自身も参加して企業に泡を吹かせる事をもくろむ。ロシアから三野瀬ユキが訪れる
2ちきちき宝探しレース 起源は、3日、その日までに宝のブツ蔵を見つけて市役所にもってくる事。 途中の妨害したい放題。色付き水鉄砲も市内各所で販売。色を付けられると新しいユニフォームを購入するまで口出し手だし禁止。一和会の協力で彼らが宝のヒントをもってるので戦って倒せ。尚市長自身も一和のお嬢さまと一緒に参加!私は、市長の椅子をかける!
参加チーム
市長チーム
高橋スポーツクラブ(草サッカーチーム)
隣街のヤクザ
キリンガ女子高校(この街出身女子の憧れ/中学女子は、味方)
カイシヤホールディングス(中小企業買収計画中)
運営 市 一和会 商工会 協力 兵庫県警 東京の部下は、内偵調査の結果。涼風町に本当に宝が埋没している事を知る。その事を知ったカイシヤは、そのために中小企業を買収計画をたてたのだ。暗殺者の少女も市長に呼ばれたのは、表向きの理由で真の依頼者に呼ばれてきた。宝発見と同時に少女は、市長を撃ち依頼者に宝まで案内する。